ダイエット中は何リットルの

水を飲むべき?

ダイエット中は水分摂取が必須!

健康食品 オススメ

 

 普段から水を飲むことはいいとされていますが、なかでもダイエット中の水分摂取は非常に大切です。

日々トレーニングや食事制限に励んでいても、水を飲んでいなければまったく意味がありません。

水分摂取はダイエットにおいて一番優先すべきことです。

この記事では、ダイエット中に飲むべき水の量や飲むべき飲み物の種類、さらに水分不足や水分を摂取しすぎたときの身体への影響について解説します。

 

ダイエット中の水分は

一日2~3リットル!

健康食品 ダイエット

ダイエットをしているときの水分摂取は2リットルを目安にしましょう。

通常であれば2リットルくらいをおすすめしますが、ダイエット中はとくに身体のなかに水分を取り込むことが大切なので、2~3リットルを目標にしてください。

人間の身体が一日のあいだに消費する水分量は、2リットル~2.5リットルほどです。

したがって、それだけの水分が身体に必要になります。

私たちの身体は60%が水分でできているため、この水分量が減ると身体がうまく機能しなくなってしまうのです。

 

また、単に水を飲むだけでなく、食事からも約1リットルの水分を摂取できるといわれています。

もし、ダイエット中で食事量をおさえているのであれば、食事から摂れる水分も減るので、少なくとも2リットルは摂取しておいたほうがいいでしょう。

もちろん通常の食事量で、野菜やお味噌汁などから水分を摂取できていれば、少し控えめでも大丈夫です。

 

水を飲むタイミングは?

プロテイン 美味しい

一日のなかで水を飲むときは、朝・昼・夜まんべんなく飲むようにしましょう。

とくに、朝起きたときにコップ一杯分の白湯を飲むのがおすすめです。

人間は寝てる間にたくさんの汗をかくので、そのぶんの水分を朝のうちに補給しましょう。

朝しっかり水分が摂れていると、お通じも来やすくなるので便秘改善にもつながります。

 

 

また、水を飲むときは一度に大量の水をガブ飲みするのではなく、ひとくち・ふたくちをこまめに飲むことをおすすめします。

水をいっきに飲むと身体が処理しきれず、内臓に余計な負担をかけてしまうからです。

水以外に飲んでいいもの・悪いものは?

カロリー制限 難しい

水分摂取を意識するときは、身体に悪影響のないものを選ぶことが大切です。

ここからは飲んでいいものと飲まないほうがいいものをチェックしましょう。

①飲まないほうがいいもの

・お酒

お酒を飲むと体内でアルコールを分解するので、大量の水分が排泄されます。

お酒を飲むとトイレが近くなりますよね。

あの現象は、体内で分解されたアルコールを排出する身体の働きによるものです。

そのため、お酒を飲めば飲むほど身体から水分がなくなっていくので、より多くの水分が必要になります。

ダイエット中はお酒を控えましょう。

・カフェインを含むもの

コーヒーや紅茶、緑茶などカフェインを含む飲み物もNGです。

なぜなら、お酒と同じくカフェインを体内で処理したものが尿として排泄されるので、水分を失いやすくなります。

もちろんコーヒーやお茶にはカフェインを除けば、身体にいい作用をもたらす成分も含まれていますが、ダイエット中で水分をしっかりと摂取したいのであれば、なるべく避けるようにしましょう。

・ジュースなど

ジュースなどの清涼飲料水は、ダイエット中はもちろんのこと、普段の生活のなかで摂取することはおすすめしません。

ジュースのなかには大量の砂糖が含まれており、太りやすいうえに、人工甘味料やそのほかの添加物のせいでより喉が渇きやすくなったり、ハイカロリーなものを食べたくなったりします。

砂糖やシロップが入ったカフェラテやお茶も含めて、控えるようにしてください。

・塩素を含む水道水

水道水は場所によって塩素が強いので気をつけましょう。

塩素の強い水道水を毎日大量に摂取すると、身体に悪影響をおよぼす可能性があります。

浄水器を取り付けたり、お湯で沸かして白湯として飲んだり、なるべく塩素を除去するようにしてください。

②飲んでもOKなもの

・カフェインレスのハーブティー

お茶を飲みたいときは、カフェインレスのハーブティーを選びましょう。

カフェインレスのハーブティーであれば身体に悪影響もなく、逆に身体にうれしい栄養素を摂取できます。

おもなカフェインレスのハーブティーは、ルイボス茶や黒豆茶、たんぽぽ茶などがあげられます。

とくにルイボス茶は浮腫みの改善にも効果的なので、積極的に飲んでみてください。

・白湯

水を意識してたくさん飲むときは常温の水でもいいですが、体温よりも冷たい水は基本的に身体に負担をかけてしまうので、白湯のほうがおすすめです。

白湯は内臓をあたためてくれるので、身体全体の代謝もあがりやすくなり、ダイエット効果も高くなります。

・フルーツやミントの入った水

柑橘系のフルーツやミントが入った水も飲んで大丈夫です。

とくに、水をたくさん飲むのが辛ければ、最初は果物などで味付けをした水を飲むといいでしょう。

ただし、このような水は冷やして飲む場合がほとんどなので、身体を冷やしてしまう可能性があります。

飲みすぎないように気を付けてください。

水を摂りすぎた場合

不足した場合はどうなる?

水分補給 美容

ここからは、水を摂りすぎた場合と水分不足になった場合に、身体にどのような影響があるのかを見ていきましょう。

①水を摂りすぎたとき

水を飲みすぎると、まず身体が冷えます。

ダイエット中の体温は最低でも36.5度あるのが望ましい状態です。

なぜなら、体温が36.5度以上なければ脂肪が分解・燃焼されにくくなるからです。

代謝をあげるためにも、毎回あたたかいハーブティーや白湯を飲むようにしましょう。

 

また、身体の水分代謝が悪いと、いくら水を飲んでも身体が浮腫みやすくなります。

水分代謝が悪い状態というのは、腸内環境が悪くなっている状態です。

そのため、水を飲んでも腸内でうまく吸収されず、細胞にうまく水分が届きません。

結果的に余分な水として浮腫みになってしまいます。

 

したがって、水太りが気になるときは先に腸内環境を整えましょう。

水分がきちんと吸収される身体になれば、たくさん水を飲んでも浮腫みに繋がることはありません。

また、運動をして筋肉をつけると、身体のなかの水分を動かすための筋力がつくので、体内の水はけもよくなります。

 

 

②水分不足のとき

水分不足になると、身体の代謝が悪くなり、浮腫み・太りやすくなってしまいます。

身体のなかで水分が足りない状態がつづくと、脳が危険サインを出して細胞のなかから水分が出て行かなくなります。

それによって細胞がどんどんふくらんでしまいます。

このふくらみが、浮腫みの原因となるのです。

 

 

また、水分不足になると血液の循環も悪くなります。

血液の成分には水も含まれており、水がなければ血液もつくられず、血液もうまく流れません。

そのため、血流が悪くなり身体の老廃物が溜まりやすくなります。

その結果、体温も低くなるので太りやすくもなります。

こまめに正しく水を飲むようにすれば、浮腫みも改善していき、痩せやすい身体になっていくのです。

 

正しく水分補給をして

ダイエットを成功させよう!

毎日、適量の水を飲むことで身体の調子がよくなり、ダイエットもうまくいきやすくなります。

しかし、冷たい水を飲みすぎると身体に負担をかけたり、腸内環境が悪い状態で水を飲むと浮腫みにつながります。

そのため、きちんと腸内環境を整えたうえで、一日に2リットルは水分摂取をするようにしてみてください。

もちろん人によっては量の調整が必要な場合もあるので、自分の身体と相談しながらこまめに水を飲みましょう。

ダイエットの基本である水分摂取がうまくできるようになれば、そのほかの筋トレや食事やマッサージなどの効果もアップしていきます!

 

 

おススメのサプリメントを見る

お問合せ

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。